フロアコーティングは床材との相性に注意しましょう

フロアコーティングは掃除が楽になる、或いは長く美しい光沢が出来るという理由から一般の住宅でも非常に普及しているものです。

特に共働きの家庭や地裁子供のいる家庭では日常的な掃除の負荷が軽減されるため、非常に普及しています。

埼玉のフロアコーティングを求める人にお勧めしたいサイトです。

特にガラスコーティングやUVコーティングはその施工費用は多少高めですが長期間の効果が見込めるとあって、最近特に行う人が増えているコーティング方法です。

しかし、ガラスコーティングやUVコーティングは床材との相性に十分注意しないと、せっかくの床の美しさを台無しにしてしまう危険もあるので注意が必要です。ガラスコーティングはその溶剤が非常に硬化するため、その過程で床材を痛めてしまう危険があります。

特に無垢の木材を使用している床の場合には溶剤が床材の間に入り込み膨張して床材が割れてしまったり、変形してしまう危険が有るので注意が必要です。

またUVコーティングは溶剤に紫外線を照射し硬化させる手法のため、紫外線に弱い床材の場合には変色してしまう恐れがあるため十分な注意が必要です。


更にガラスコーティングやUVコーティングは表面が非常に硬く滑りやすくなってしまうために、子供や高齢者が滑ってしまう危険も有るので注意が必要です。


最近では、シリコンコーティングが評価されています。

シリコンコーティングは床材を傷めにくく、またガラスコーティングやUVコーティングほど硬化しないため子供や高齢者にも安全と言われています。

フロアコーティングにはさまざまな種類があり、その特性も様々です。



それぞれの特性をよく理解し、床材に適したフロアコーティングの方法を選ぶことが大切です。

日本経済新聞の人気が上昇しています。